バイオグラフィ

たてかわ しのたろう

立川 志の太郎

立川志の太郎(タテカワ シノタロウ)
志の輔門下6番弟子
1985年6月15日生まれ
血液型B型
埼玉県ふじみ野市出身

22歳の時、師匠志の輔の落語に出会い、落語の面白さ、凄さに気付く。
ファンとして都内近郊の独演会に足を運ぶが、「志の輔らくごinPARCO」にて「中村仲蔵」を見たときに入門を決意。

2010年4月入門。同年8月、師匠の故郷 富山県民会館楽屋にて「志の太郎」を拝名。

同年10月 初高座「つる」てるてる亭。
以後、師匠 志の輔の日本全国での公演、タイ、シンガポール、ベトナム、ミャンマー、フィリピンでの海外公演など、5年間に渡り前座修行をする。

2014年11月 大師匠、家元立川談志命日公演「談志まつり」終了後 師匠志の輔より二ツ目昇進の内定を頂く。

2015年4月1日 二ツ目昇進。5月25日に「立川志の太郎二つ目昇進記念の会」を、東京芸術劇場シアターウエストにて行う。
7月より志の太郎独演会「肝心要の落語会」を要町アトリエ第七秘密基地にて毎月開催中。

TOP